HOME > seo対策

seo対策 訪問者にとって有益なホームページは検索エンジンとも相性良し

自社ホームページを上位表示するための対策や手法をseo(エスイーオー)と呼びます。弊社ではseoを意識したホームページ制作を常に心がけております。

まず始めに、seoに「絶対」はありません。「これをやったら順位が必ず上がる」ということは仕組み上、絶対に有り得ません。 なぜなら、検索エンジンの検索結果を決定するアルゴリズムは公開されておらず、たえずアップデートされているブラックボックスなのです。

ただし、ある程度の規則性は解明されていますので、これをやれば「上がる可能性が高い」ということはあります。

検索エンジンは、人為的な検索結果の操作を嫌います。したがって検索アルゴリズムの隙(すき)を突くような対策をおこない一時的に検索順位が上がったとしても、次の検索アルゴリズムのアップデートで大幅に順位を落とすことも珍しくありません。

したがって、現在有効な手法であっても、明日には「検索エンジンスパム(違反行為)」としてペナルティ(順位下落、最悪の場合検索結果からの削除)対象となる可能性がありますので、あくまでも「訪問者(見る人)にとって有益なホームページを公開する」ということを基本的な考え方として、seoを捉えることが重要です。

狙ったキーワードで上位表示するには、まずはseoに関する基本的な仕組みを理解する必要があります。seoには、内部対策外部対策があります。

内部対策とは

htmlのマークアップ内部対策とは、文字通りホームページの内部、すなわち 文章構造・キーワードとその関連語の近接度等の調整、各種タグによるマークアップ(タイトルや見出しの設定など)による最適化が主です。
これは、ホームページ制作業者の分担範囲といえるでしょう。

タグによるマークアップなどは、完全にホームページ制作者のみがおこなう作業となりますが、やはり一番大事な部分は「中身」であり、お客様から提出された原稿なのです。

ただし原稿準備に関しては、あまり肩肘を張って構える必要はありません。ありのままの自社製品やサービスに関する情報を端折らずに用意すれば自然と、検索エンジン好みのオリジナリティのある内容の濃いコンテンツになるはずです。

製品やサービスに関してその分野でしか使われないであろう単語や文章などは、オリジナリティのあるコンテンツとして検索エンジンに認識される傾向にあります。

こうした原稿を基にして、ホームページ制作業者がページタイトルや見出しなどを適切にタグで処理していくことが、内部対策となります。

外部対策とは

外部対策とは、簡単にいうと「自社サイトに向けて、外部サイトからリンクを張ってもらう」ことです。「被リンク」「外部リンク」などと呼びます。

検索エンジン(グーグル)は、外部からのリンクによるサイトの重要度を算定し、検索順位決定要素の一部として取り入れています。いかに良質な外部サイトからのリンクを受けているかによって、サイトの価値が判断されているわけです。「価値の高いサイトからリンクされているサイトは、価値が高いであろう」という考え方が基本です。

リンクの関係とホームページの重要度

この外部対策は、自社サイト以外のサイトからリンクしてもらうことが対策になります。
かといって、外からリンクされれば何でも良いというわけではなく、同じようなジャンルのサイトや関連性の高いサイトからのリンクが、より高い評価になる傾向にあり、検索結果にも大きな影響を及ぼします。

  • 関連する公的機関や公的団体
  • 関連する業界団体など
  • 製品やサービスに関連する学術的なサイト(教育機関など)
  • 取引先企業
  • 自社が営業する地域の商工会や地域団体
  • 自然発生的な個人のブログやホームページでの紹介

上記のようなサイトから、数多くのリンクを得ることができれば、検索結果にも良い影響が出てきます。これらの対策は、所属する業界団体などにマメにリンク設置依頼をおこなうなどの地道な努力が必要です。自然発生的なリンクを得る方法としては、「訪問者にとって有益な情報を公開する」ということが一番の近道です。

こうした、自社以外のサイトからリンクを張ってもらうことを外部対策と呼びます。

ホームページ制作 月額プランの詳細はこちら
ホームページの新規公開、リニューアル、維持管理などに関してどんなにささいなことでも、お気軽にお問い合わせ下さいませ。 お問い合わせ

Copyright(c) 2008-2017 埼玉のホームページ制作 RN All Rights Reserved. 運営:株式会社リザーブネット